BONZO CLUB

飼っているカメを中心としたアレコレ


前回初めてニホンイシについて書いたときは産卵やとんぶり出店についての
比重が大きかったので、あらためてニホンイシについて。



IMG_20170716_170310_R.jpg


ニホンイシガメ Mauremys japonica
言わずと知れた日本固有種。
我が家ではベトナムミナミイシ、スペインイシに続き3種目のマウレミスとなります。
これでうちの飼育種は北米産ヌマガメ亜科4種(正確には3種4亜種)と
マウレミス3種の、大きく2つのグループに分かれることになりました。
でもマウレミス3種の産地は日本、ベトナム、モロッコとバラバラ。
面白いもんだ。
以前スペインイシのときも書きましたが、マウレミス属は分割の可能性があり、
そうなった場合この3種はそれぞれ別属となります。
ニホンイシとスペインイシは外見的にはかなり似てるんですけどね。



じつはニホンイシを飼うのは初めてのこと。
子供のころクサガメは飼ってたことあるんですけど。
そのころ露店なんかでワイルドのクサガメがタライにゴロゴロと入れられて
売られてることがよくあって、その中にイシガメもちらほらと
混ざってたりしてても、同じ値段で売られたものです。
カメを繁殖させようなんて頭は無かったんで違う種類が欲しいな~
とも思ったんですが、なぜかクサガメばかり3匹も飼ってました。

学生時代にカメを再び飼い始めたときも、そもそも子供のころ図鑑で見て憧れた、
外国産の種を飼いたくて、というのがありましたし。
その後もニホンイシを美しいと思いつつも、どうしても外国産の種、
レアな種に目がいってしまい・・・
熱帯魚を飼ってたというのも関係あるんですかね。

でもこの年になってようやくニホンイシに辿り着きました。
今更ながら本当に美しいカメだと思います。
それも華美な美しさではなく侘び寂びも感じさせる、和亀のイメージ通り。
海外で人気というのも当然。
まさに日本が世界に誇る銘種ですな。



さて今回ニホンイシを飼うにあたり、いろいろと思うところがありました。
ニホンイシといえば近年、乱獲、激減といったことが取り沙汰される種。
うちの個体もWCだし。
少なからず後ろめたさはありました。
でもこの趣味を続ける以上、そうも言ってられないのかな、とも思います。
絶対にCB個体しか飼わない、というのならともかく。
ニホンイシは身近な種であるが故に騒がれることが多いですが、
他の種でもWC個体を飼う(買う)ということはすべて同じことではないのかな。

うちの個体は捕獲された後間もなく我が家へやって来たと思われます。
産卵したのも所謂持ち腹で、捕獲されてなければ
自然の中に産み付けられていたはず。
そう思うとやはり素直に喜べない部分もあるし、綺麗事にはなってしまうけど、
これから殖やしていって少しでも趣味の世界の需要を賄えたら、と思います。



今日のカメたち。
IMG_20170716_165502_R.jpg

IMG_20170716_164723_R.jpg
♀3匹

IMG_20170716_165107_R.jpg
リラックスモードの♂

IMG_20170716_170631_R.jpg
つぶらな瞳がタマラン



最後にお知らせなんですが、いろいろ考えた結果今年も
とんぶり市には出店しないことにしました。
うちくらいの繁殖の規模だと、やはりブリイベに出るのには無理があると思います。
今年たまたま豊作だったとか、
2~3年分の繁殖個体をまとめて出品するとかならともかく、
数も少ないのに無理して出る必要もないかな、と。
楽しみにしてくれていた人・・・なんているのかわかりませんが、
出る出る言っててこういう結果になってしまい、申し訳ありません。
あ、卵のほうはモリイシ、ニホンイシとも順調なんでご心配なく。


スポンサーサイト
ニホンイシガメ好きです。
世界的に見ても誇れるカメだと思います。幼少の頃からクサガメばかりで実はニホンイシガメは見たことありませんでした。売られていたゼニガメもイシガメの子供だと信じきってまして(笑)中年になりあらためて見てもかなり格好良いカメです( ͡° ͜ʖ ͡°)個人的にはニホンリクガメも居てほしかったのですが(笑)イベント出店も無理ないマイペースが一番ですね(╹◡╹)
[ 2017/07/16 22:42 ] [ 編集 ]
浪漫人さん
海外の人から見たら、極東の島国に棲息するこんな美しいカメ、相当エキゾチックに映ることと思います。
僕は歳をとるごとにますます魅力的に思えてきました。
リクガメは日本にいないからこそ憧れる部分もあるのかも(笑)
ブリイベは前にも書いたように出れなくて当たり前、というスタンスでいきます。
[ 2017/07/17 19:39 ] [ 編集 ]
おはようございます!
以前、ドイツのマニア氏がShingen、Kenshinなど戦国武将の名前をつけて、大事に、すばらしいアクアテラリウムで飼育しているのを拝見して非常に嬉しく思ったことがあります
ブリイベ、またのチャンスを楽しみにしております(^^♪
[ 2017/07/18 07:43 ] [ 編集 ]
綺麗ですね~
素晴らしい個体達ですね~。
BONZOさんのこだわりを感じます。
日本イシガメは渋くて、綺麗で、可愛くて、格好良くて、何拍子もそろった素晴らしい種ですよね。
私的には、黒目の可愛いところがツボです(^^)
[ 2017/07/18 20:05 ] [ 編集 ]
わきんなますた~さん
海外の人、そういうの好きそうですよね~。
リュウキュウヤマガメといい、海外のカメマニアから見たら日本って狭いながらも魅力的な国かもしれませんね。
ブリイベにはあまり出ることを意識せず、結果としてついてくれば、と思います。
[ 2017/07/18 21:26 ] [ 編集 ]
kazuさん
ありがとうございます!
個体差の激しいカメですから、もちろん何でもいいというわけじゃありませんが、わりとすぐに手に入れられました。
巡り合わせというのも大事ですよね。
色彩に目がいきがちですが体型もカッコいいし、仰るように目のかわいさもタマリマセン(笑)
[ 2017/07/18 21:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

BONZO

Author:BONZO
いろいろとこだわりながらカメさんと付き合っています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム